コミュ障の働き方

働き方、稼ぎ方、生き方も、いろいろです。 捉われず、自由に、自分らしく。

自称「人見知りです」と言ってしまうワケ

time 2018/11/05

自称「人見知りです」と言ってしまうワケ

いわゆる人見知りなのか?

知らない人つまり、初対面の人が怖い緊張すると言う場合、人見知りと言うカテゴリーに分類されます。

しかし、コミュ障にはそれに加えて人間そのものが怖いと言う恐怖感が味付けされています。

知らない人がいきなり話しかけられたり、メールや連絡があると反射的に怖いどう返事したら良いのだろうとパニックになります。

優しげで良い人そうな相手であれば、物陰から恐る恐る出てくる小動物のように、ちらちらと様子を見つつ話しかけます。威圧的で怒られそうな相手だと思えば、あーうー…と恐怖で声も出てきません。

怯える小動物そのものです。誰か優しい人に,

「よーしよしよし、こわくないよー。こっちおいで。」とフレンドリーさ全開で接してもらわなければ、相手が怖くてたまらないのです。

中には相手を引っ掻いて、威嚇して逃げるコミュ障もいます。

たまに、自分は「人見知りなコミュ障ですから…」とあらかじめ相手に伝える人もいます。

心の中で勝手にそう思っていればいいだけなのに、どうして、自ら人見知りやコミュ障を名乗るかと言えばそれはその人なりの予防線というわけです。

自分は会話が不得意なのであなたに不快な思いをさせるかもしれません。それでも話をしてくれますか?

対人関係が、苦手で、急に距離を詰められると怖いタイプです。距離を保って話してくださいね。

あえて打ち明けることで、仲良くなれるかもしれない。なんて期待を抱いているわけです。

もし、相手からコミュ障であることをウチあけられたら、大体こんなメッセージがあると思ってください。

ちなみに、自分もコミュ障なのと言うとお互いの親密感が非常に高まるはずです。

でも似たような欠点を持つ者同士みえをはる必要がないだけでも、かなり心が楽になります。

 

誰とでも仲良くなれる人がうらやましい…

どんな手段でもぱっと馴染んでしまい、コミュニケーション能力の高さと、面白い会話で、あっという間に中心人物になってしまう人と言うのは存在します。

コミュ障にとっては雲の上の存在なわけです。

そんな誰とでも仲良くなれる人がまぶしくて羨ましくなったり、別にあんな風になりたくないよとひがむこともあります。

誰とでも仲良くなれる人も、案外、心の中で、

・まんべんなく仲良くはできるけど、親友と言えるほど心を許せる人はいない…

・八方美人とか陰口を叩く奴もいるし、クソが…

などと、思っている可能性もあります。

人間関係と言うものは、どんな人にも悩みをもたらすものだからです。

コミュ障は孤独には慣れていますから、煩わしい人間関係から逃れて、セイセイしたと感じることもよくあります。

人と会話をしませんので、ケンカもありません。

毎日は寂しくても、静かで平和です。

その頃になると、周囲の人たちも、あの人は「あーゆー人」だからと適度に放っておいてくれます。

周囲から仲良くなれる人じゃないけどとりあえず無害と認定された状況です。

敵視されず存在を認定されたことで、疎外感は少なくなります。

しかし、周囲が楽しそうに話しながら盛り上がってる瞬間などに合わせると、時折、いたたまれないような気持ちにはなります。自分の居場所はここにはないと強く感じてしまうからです。

中心人物や人気者になりたいわけじゃない。

ただ、自分がここにいていい、自分のための小さな居場所があると感じたい。

そんなふうに1人でため息をつく時は、読書や映画に浸ってください。

アシュ(僕)は案外、それだけで幸せです。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コミュ障が少しでも楽に生きるための方法

アシュ流哲学・内向型のすすめ

退職代行サービス

資格取得

サプリメント

転職サポート



転職・求人

バイト探し

Twitter でフォロー

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.