コミュ障の働き方

働き方、稼ぎ方、生き方も、いろいろです。 捉われず、自由に、自分らしく。

生きることだけでしんどい

time 2018/11/21

生きることだけでしんどい

気持ちがしんどい毎日

人間関係が最悪の状態になると、ものすごいストレスが全身にかかってきます。

ですが、そこから逃れようにも、やむなく毎日同じメンバーに会わなければならず、毎日が憂鬱になってしまいます。

あー・・・、また今日も、あの人に嫌味を言われたり、嫌なことをされるんだろうなぁ。

もうあの人の顔見るだけで、胃が痛い。もう無理。辛い、耐えられない、帰りたい。

無視されたり、意地悪されたり、もう限界。消えたい・・・

人との関わりが、これほどまでに大きなストレスを生み出すわけです。

自分から環境変える努力をしなければ、こんな憂鬱な毎日が永遠に続くように思えてしまう。

しんどいとしか、言いようがない毎日。こんな時は大抵、何をしてもうまくいかず、孤独と挫折感で何もかもが嫌になってきます。

追い詰められて、逃げ場もないようなそんな時は、本当に消えてしまいたい気持ちになるのです。

今、生きるのがしんどいと思っている人たちに、何か解決策を提示できれば良いのですが・・・

それぞれの人が抱えている複雑な人生に、適確に当てはまる解決策など見つけようもないのが現実です。

僕自信の経験で覚えているのは、自分が精神的にも肉体的にも、疲れ切っていたことです。

疲れた心と体が考える事は、ろくなことではありません。

なんで、全てを投げ出したくなるような心境になったときには、思いっきり自分を休ませるようにしてみてください。

そしてもう一つは、時間が解決してくれると言うことです。

少しずつですが、生きることに対するしんどさが減っていきました。歳をとるにつれて、生きるのが楽になってくるのです。

理由は、自分でもよくわかりません。環境が変化して良い方向に向かったのかもしれないし、生きる努力をしてきたからかもしれないし、考え方が変わってきたからかもしれません。

孤独さは変わりませんが、以前よりもはるかに行きやすく楽な心持ちです。

時間は、若さを奪いますが、心を癒してくれることもあります。

2年前の、同じ日に何を悩んでいたか覚えていますか?過ぎ去った日を思い返せば、どーでもいい事で悩んでしまっていたケースもあります。

時の流れに身をまかせ、しなやかにしただかに生きましょう。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コミュ障が少しでも楽に生きるための方法

アシュ流哲学・内向型のすすめ

退職代行サービス

資格取得

サプリメント

転職サポート



転職・求人

バイト探し

Twitter でフォロー

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.