コミュ障の働き方

働き方、稼ぎ方、生き方も、いろいろです。 捉われず、自由に、自分らしく。

人から嫌われてしまうワケ

time 2018/11/22

人から嫌われてしまうワケ

嫌われる理由をあげてみる

人に嫌われていると思い込みがちな「コミュ障」や「ぼっち」の属性の人たち。

客観的に自分を分析して、どう考えても本当に人から嫌われていると言う結果が出たとします。

でも、嫌われる人間には嫌われるだけの理由があるはずです。

 

嫌いだと思っているから嫌われる

周りの人を恐れるあまり、フレンドリーさを感じない人に対して、「嫌いだなこの人…」と無意識のうちに敵意を向けていないでしょうか?

仮に自分におきかえても、自分を嫌いだと思っている奴がいたら、そいつを嫌いになりますよね?

人は相手が自分を嫌っていると、最初は何とも感じませんが、だんだん相手が嫌なヤツに見えてきます。

ミラーリングの法則とでもいいましょうか。

 

妬みや軽蔑が露骨

自分よりも優れている相手に対して、なんでアイツばかりと劣等感を抱いたり、逆にあいつは自分よりも下と見下している事は無いでしょうか?

半分小馬鹿にしながら相手の痛みや軽蔑を口にすると、周囲の人は不信感を持ちます。

悪口ばっかり言っている人間が信頼されないのと一緒です。

ネガティブさを撒き散らす事は、ゴミのポイ捨てのように不快というわけです。

 

攻撃的で危険な人間性

防衛本能や劣等感が極度に強い人間は、時折、大爆発を起こします。

俺を馬鹿にしやがって!と言う具合です。

そして自分は悪くない、相手が悪い、と攻撃を開始します。

たとえその怒りにある程度の正当性がある場合でも、怒りをあらわにすることで、周囲の人からは、怒りっぽい、アブナイ人間であると認識されてしまいます。

あと、誰にでも噛み付いてしまう癖がある人も要注意です。この人に弱みを握られたら大変だと周囲の人が常にピリピリして、あなたを警戒しだすからです。

 

依存心が強い

誰しも、共感を相手に求める事はありますが、それもどう過ぎると、かまってちゃんとしてうっとおしがられます。

承認欲求が強く、好意を持った人に依存しやすい体質の人は注意した方が良いです。

せっかく仲良くなってくれた人達が、コイツはウゼーし、めんどくせぇわと、離れていきます。

共感の強要は、重荷なのです。

過度の期待を持つ事は、相手の負担になることも頭に入れておくべきです。

 

他人に対して関心がない

表面的に興味があるように装っても、相手に関心がないことがバレると、途端に相手のあなたに対する好感度が下がっていきます。

また無関心さと言うのは、時に相手の心を大きく傷つけるものです。

根掘り葉掘りなんでも知ろうとする人も考えものですが、完全な無関心と言うのも、人の心を凍らせます。

他人に対して無関心なのが伝わると、周囲からもつまらない人として無関心のお返しが来ます。

適度に他人に興味を持つことを忘れてはいけません。

 

見た目がキモい(みだしなみ)

これは私も気をつけなければなりませんが、見た目は人間の好き嫌いを一瞬で分ける要素です。

ここで言っているのは容姿の美醜ではありません。毎日キッチンと風呂に入る。

洗濯したセンスの良い洋服を着る。奇抜な格好は避ける。髪を整える。

これだけでも印象はかなり良くなります。

同様に、立ち振る舞いも見た目に影響します。

猫背なら背筋を伸ばして、食事中にくちゃくちゃ食べない、端を振り回さない。不快な行動を慎む努力はした方が良いです。

 

ウジウジしている

自分に自信がなくて、常にクヨクヨしているような人は、周囲の人間にとって鬱陶しいものです。

マイナスのオーラが漂っているとでも言うのでしょうか。

ほとんどの人たちは構わずに放っておいてくれますが、攻撃性の強いいじめっ子タイプの人は、見ているだけでイライラするからという理由で、嫌ったり、攻撃してくることもあります。

何もしていないのに、どうして…と言う理不尽さを感じますが、これが人間社会ってわけです。

それなりに、改善できそうなところは治した方が良いかもしれません。

できるだけで…

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コミュ障が少しでも楽に生きるための方法

アシュ流哲学・内向型のすすめ

退職代行サービス

資格取得

サプリメント

転職サポート



転職・求人

バイト探し

Twitter でフォロー

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.