コミュ障の働き方

働き方、稼ぎ方、生き方も、いろいろです。 捉われず、自由に、自分らしく。

厚いフィルターをかけて受け入れるか、スルーして受け入れない

time 2018/12/08

厚いフィルターをかけて受け入れるか、スルーして受け入れない

ネガティブスパイラルにプラス補正をかける

デジタルカメラが好きな人にはピンときてもらえる話なのですが、デジカメには露出補正といって「写真の明るさを調整する機能」がついています。

何も調整していない場合、画面の明るさは「± 0」です。プラスに上げると、上げた分だけ明るくなり、下げるとその分だけ暗くなります。

ネガティブな考え方をしてしまいがちな人は、例えるならデジカメの露出補正のデフォルトが「−3.0」になっている状態です。

目に映るものにマイナス補正がかかっているから、世界が暗く見えています。物事を悪い方悪い方にとってしまうのも、そのせいです。これを普通の状態にするためには、「+3.0」露出をあげれば良い話ですが、カメラと違って、気持ちにはそんな機能はついていない・・・

あえてやるとすれば、何事もマイナスに受け取っている視点を、何事もプラスに受け取るように固定してみることですかね。

その際、自分の本当の気持ちは置いておきます。

「何?この言い方。人を馬鹿にしていない?」

「自分って、みんなからすごく嫌われているのが、この発言から伝わってくる・・・」

誰かに何かを言われて、こんな風に感じたとしても、その「思考と感情」を切り離してみてください。

イメージ的には、そんなことを考えている自分はニセモノの自分と思い込むことです。

そして、感じたことを全て反転させた別フィルターで心を被ってみてください。

ネガティブな気持ちを反転させてみるわけです。

「この人の表現は面白い。賢そうな人と知り合えてうれしい。ひょっとしたら自分のことが好きなのかも。」

「人の意見を聞くと、視野が広がる。おかげで悪いところに気がついた。みんな親切な人ばかりかも。」

どう考えても嘘っぽい内容で良いですから、無理矢理このようなプラスの考えをするように意向を矯正してみるわけです。

ちょっと無理があると感じるほどのプラス思考で、ネガティブな人はようやく普通になれるわけです。

ここで想像してみて欲しいのですがどんなことを言われても、全て自分に都合よく解釈してプラスに受け止めている人って、生きるのが楽しそうに見えませんか?

お花畑脳な人ほど、幸せそうってことにもなりますが。

今、僕らはその間逆で、全て自分に都合悪く解釈して、マイナスに受け止めている状態なのです。

だから人生が苦しいのです。

かと言え、ただのポジティブ思考というのは、僕は鬱陶しくて嫌いなんですけどもね。

なぜか、スピリチュアルな思考には嫌悪感があるのです。あくまで僕個人ですけどね。

 

受け取らない選択肢もあり

なので、僕(アシュ)の場合は別の方法を使います。

たとえ誰からも好かれず、親友ができない「ぼっち」な人生であっても、せめて周りの人から憎まれずに、穏やかな人生を過ごしたい。コミュ障でもこのくらい望みます。

でも、実際に人と関わると自分の考えが全く違うように相手に受け取られたり、相手の言葉が気に触ったりとなかなか穏やかに過ごせない実情があります。

人の言葉を悪い方に受け取りがちなタイプは、他人と関わるだけでストレスになってしまうことが多いですから。

なんで、ストレスを少しでも減らすために「受け取らない」と言う選択肢を忘れないでください。

僕(アシュ)はそうしてます。

お釈迦様はその昔、お釈迦様を罵ってきた男に対して、

「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかったとき、その贈り物は一体どこにいくか?」

と尋ねました。

その男は、

「それは、相手が受け取らなかったら、送り主のもとに戻るよ。」

と答えた。

お釈迦様はそこで、男に、

「私はあなたの罵りを受け取らなかった。だからあなたの言った事は全てあなたが受け取ることになるのだよ。」

と諭したわけです。

 

もし、他人から悪口を言われたと感じることがあっても、同様に受け取らなければいいのです。

今風に言えば、「スルースキル」というやつです。

他人の悪口を言ったり、カーッとなったりして怒鳴り散らした経験がある人なら分かると思いますが、冷静になって後で自分を振り返ると、非常に恥ずかしいものです。

そーゆーものなのです。悪口はその人自身に戻ってきます。

それにもしかすると、相手はあなたの悪口など言っていない可能性があります。

自分の思い込みです。

どうせ思い込むなら、全部自分に都合よく解釈してニコニコしながら受け取りましょう。

相手もそのうち「ほっとくか…」と感じてくれることになりますから。

言い換えると「不快な奴は相手にしない」ということですかね。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コミュ障が少しでも楽に生きるための方法

アシュ流哲学・内向型のすすめ

退職代行サービス

資格取得

サプリメント

転職サポート



転職・求人

バイト探し

Twitter でフォロー

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.