コミュ障の働き方

働き方、稼ぎ方、生き方も、いろいろです。 捉われず、自由に、自分らしく。

内向型は嫌なことから逃げる

time 2019/02/28

内向型は嫌なことから逃げる

嫌なことから「逃げる癖」がつきやすい

まずは、

「苦言」から・・・。

物事を、

「後回し」

にしても、何も片付かないってことは、受け止めなくてはいけません。

「受け身」

というのは状態でしかありませんが、

「逃げること」は、行為です。

しかも、ネガティブな・・・

「逃げる」という行為は、

一歩下がって、「直接的な影響を避けようとする」ことです。

何が言いたいかというと、

悪い癖として習慣づいてしまうと、

「ストレスから常に逃げまわるようになる」ってことです。

もちろん、

そうした方が良い(逃げた方が良い)ときというのは、あります。

ただ、

ここで「苦言」にしているのは、

「逃げ癖」

のことです。

「性質的にどうにもならないこと」

と、

「気分的に嫌だ」

を、全て同一扱いで考えると、全てのハードルから、

ただただ、「逃げ回る」だけになります。

ストレス耐性がゼロになってしまう

「ストレス」をかかえる人というのは、現状から逃げ出そうとしたり、気晴らしを求めたりしているわけです。

「心の重荷」

になっているもの、

シンプルに言うと、

「しなければならないこと」

を、ストレスと感じただけで、「後回し」にしてしまうのです。

 

それはそれでいいんですよ・・・。

逃げることは、エネルギーを保持する手段でもありますから。

 

ただ・・・

「逃げ癖」がついてしまうと、

人生において、積極性を奪い、

人間としての営みに最低限必要である「まわりとの関係構築」までも遠ざける要因にもなってきます。

そこまでいくと、

「自分を取り巻く環境が破たん」

してしまいます。

 

なぜなら、

「不安」にとらわれ、「気楽さ」だけを求めていると、自分にとって関わる必要がある人とさえも、関われなくなり、関係性を失ってしまうことがあるからです。

自分と「同種」の気の合うタイプとさえ、関係を築けなくなることがあるという意味です。

なので、アシュとしては、

「後回し」にするときもあっていいから、「内向型」としての対策はとりながらも、「全ての嫌なことから逃げないように意識して欲しい」と思うわけです。

 

【コロナ禍を乗り切ろう】

非接触型ハンディ温度計

フェイスシールド

サージカルマスク

アルコールハンドジェル

N95マスク

防災セットが入ったリュック

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コミュ障が少しでも楽に生きるための方法

アシュ流哲学・内向型のすすめ

退職代行サービス

資格取得

サプリメント

転職サポート



転職・求人

バイト探し

Twitter でフォロー

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.